向ヶ丘遊園整形外科リウマチ科

リウマチ科

関節リウマチをはじめとする膠原病疾患は、早期診断および早期治療により重症化させないことが大切です。


数年前までは進行性の病ともいわれていた関節リウマチですが、近年の治療は近年著しく進歩し、生物学的製剤などの新たな薬物療法の登場に伴い、 患者様の生活の質は大きく改善できます。

より正確な関節の評価、治療が求められるようになります。
当院では、リウマチ診療の発展のために尽力してまいります。


関節リウマチとは

関節リウマチは、免疫の異常により、主に手足の関節が腫れたり痛んだりする病気です。
進行すると、骨や軟骨が壊れて関節が動かせなくなり、日常生活が大きく制限されます。
また、炎症は関節だけでなく、目や肺などの全身に拡がることもあります。
関節リウマチについて

症状

  • 微熱
  • からだがだるい
  • 食欲不振
  • 朝のこわばり
などが初期症状になります。

原因

関節リウマチの発症には免疫の仕組みが関係しているといわれています。
感染、過労、ストレスなどをきっかけに発症することがあります。

かかりやすい人

女性がかかりやすく、30~50歳代で多く発症します。

治療内容

  • 関節炎をお薬で抑える薬物療法
  • 装具療法
  • リハビリテーション
早い治療が効果的です。初期症状があれば、早めにご来院ください。

受付

時間
AM
PM

AM: 9:00~13:00、PM:14:30~18:00
午後の受付は17:30までです。